2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

« 2017年4月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月15日 (月)

AIやロボットに勝るもの

最近、「AIやロボットの発展で、人間はいつか職を

失うのでは」と考える人の記事を読むことがある。

 

実際、アメリカの大学(ISEA)で『AIの技術によって、
今後20年間人間の仕事がどの程度自動化されるか』
を予測した結果が昨年、公表されていた。

その結果から、人種、性別、年齢、学歴において
顕著な差がみられた。特に影響を受けやすい対象は、
女性、そしてあとは、性別関係なく若者(16~24歳)、
高卒未満、高卒だった。
アメリカの結果を一概に日本に当てはめることは
難しいが、当たらずしも遠からじだとは思う。
-------------------------

 

『AIによる職の代替=ロジックをもつ人間は、
自分の価値をAIと同じレベルに下落させてしまっている』

 

『AIの進化はまだ発展途上だ。
この先いちばんのカギとなるのは、AIが
”手”を持ったときだと思う』

 

と堀江貴文さんは書いています。

 


でも、ロボットが自由に操れる人のような
”手”をもつことはまだまだ先だと私も思います。

 

”手”で作業ができる人間の強み。

 

 

難しいと思われた”運転”ですら、”自動運転”がどんどん
実現化し、一般にも普及しそうな勢いの今、まだまだ
ロボットが叶わないのは”手”仕事による技術だと思う。

 

というわけで。

 

電気工事もその一つ‼

 


それは、頭と肉体を動かし、手作業による技術で
行う工事でございます。
これは、外国人労働者に易々ととって代わられる
職業でもありません。

 

職人さんを目指して頑張りませんか?

 

 

うちはもちろん大・大・募集中ですし、
ご興味ありましたら、
ご応募くださってもOKです。

ですが、うちでなくても構いません。
いや、本当は全力でうちに来てほしいけど(笑)

 

もっと電気工事が、その他、建設業が
発展していくことを、事務所の隅っこで
祈っているじむいんの独り言でした~( ̄▽ ̄)

« 2017年4月 | トップページ | 2018年11月 »